2012年4月アーカイブ

FXとファンダメンタルズ

世界大国アメリカ。
この国の経済や情勢によって世界の経済状況が
大きく変化することは言うまでもないですね。

ファンダメンタルズを訳すと、
経済の基礎的条件」となります。

FXに影響大なファンダメンタルズといえば、
経済指標
金融政策
要人発言
原油相場
地政学的リスク
などがあげられます!

いつの間にか過去のことのような気がしてしまう「テロ」や「リーマンショック」
などなど、過去に起きたアメリカでの事件にはかなりFX為替や株に影響が出ていました。

またGDP(国内総生産)もその国の価値を知る大きな判断材料となるわけですが、
それ以外にも「雇用統計」もまた国の景気の良さを知る判断材料のひとつになります。

ちなみにこの「雇用統計」は何を元にしているかというと、
失業率と非農業部門雇用者数(ペイロール)によって発表されます。

月に1回発表されるものなので、
投資家としてはこのポイントはしっかりおさえておきたいものですね。

世界経済のど真ん中にあるアメリカだけでなく、
日本や欧州の国々においてもいい判断材料になる「米国雇用統計」。

しっかり注目してマーケットの動きを先読みするようにしましょう。

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2012年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3