テクニカル分析で、決済位置を見極める

| コメント(0) | トラックバック(0)
FXでは決済タイミングを自分で決めることができるのもポイントです。
そんな決済位置を自分で決めるのに便利なのがテクニカル分析です。

決済位置は、個人の勘や感覚で決めるのはよくありません。
FXにおけるテクニカル分析にはさまざまな種類や活用法がありますが、
この活用法の一つとして、「決済位置(決済 タイミング)の見極め」が挙げられます。

特に複数のテクニカル分析を活用することで、より効率よく、
より確実な決済位置を見ることができます。
もちろん一 つのテクニカル分析で決済位置を見極めることもできます。

さらに複数のテクニカル分析でより確実に見極めましょう。

しかしFx相場は常に変化しているため、 
一つのテクニカル分析だけでは、
常にベストなタイミングをつかめるとは限らないのです。

そこで、複数のテクニカル分析を組み合わせて
利用することでそれぞ れの欠点を補いつつ、「だまし」などによる失敗を防ぐことができます。

【トレンド系一目均衡表とオシレーター系MACD】

itimoku.jpg
もちろん決済位置に限らず、売買ポイントなども
複数のテクニカル分析を活用することがおすすめです。

テクニカル分析とひとつにいってもさまざまな種類があり、
大きく「トレンド系」と「オシレーター系」に分けることができます。

決済位置を 見極めるときの組み合わせとしては
トレンド系のテクニカル指標を複数使うのがおすすめです。
またトレンド系とオシレーター系もよく見る組み合わせといえます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.linuks.net/mt/mt-tb.cgi/1

コメントする

このブログ記事について

このページは、hssjgccが2012年6月18日 14:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FXとファンダメンタルズ」です。

次のブログ記事は「オシレーター系テクニカル指標の代表的なストキャスティクス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3