重要指標発表時のポジション管理

| コメント(0) | トラックバック(0)
10月の米雇用統計が発表されましたね。
事前のADP雇用統計では良い結果となり期待も高まった雇用統計、
結果は予想以上の内容でドル円も上に跳ね上がりましたが、
発表後はトレンドが転換し結局本日まで下落トレンドが継続しております。
確かにイベントも多かったですが雇用統計がヘッドになるとは思いませんでしたね。


201211-koyoutoukei.jpg



FXに大きな影響をあたえる経済指標、上記の雇用統計などは発表される時間帯が決まっています。

そこで、FXトレー ダーの多くは指標が発表される時間帯は指標の結果に注目します。
FXに関係している指標の結果は、為替相場にも大きな影響を与えます。

そこで、FXトレー ダーに重要なのは指標発表の時間帯は、
ポジションをリセットするなどの対策をすることです。

たとえば、ドル円買いのポジションを保持して利益確定していたとして、
その後の結果が指標発表次第で大きく変わることがあるのです。
指標発表がドルにとっていい結果だったとして、ドル円が上昇します。
この場合は利益確定をしたことに後悔することになるでしょう。

このように指標発表の結果で為替レートが動き、
損する人もいれば利益を得る人も出てくるのです。

といっても指標によって為替レートがどう動くかはカンタンには予想できないものです。
そこで安全な策とされているのが、指標発表の時間帯にポジションのリセットをしてしまうことなのです。

ポジションをリセットしたことで予定していた利益が出なかっ た・・・なんてことも
もちろん出てくると思いますが、損が出るよりはずっとマシなはずです。

まさに今回の雇用統計がそうでしたが・・・

このように、指標発表はFXにも大きな影響を与えるわけですが、
当然ポジションリセットをうまく行うには発表される時間帯を把握しておく必要があります。
今ではメールで発表時間を知らせてくれるサービスもありますし、
重要な経済指標だけのタイムテーブルを載せているサイトなどもありますので、
活用しましょうね。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.linuks.net/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

このブログ記事について

このページは、hssjgccが2012年11月 9日 14:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大統領選挙前 最後の雇用統計」です。

次のブログ記事は「ファンダメンタルズを理解しよう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3